女性のお悩み

女性ならではツライ症状にお悩みの方も多いことと思います。このコーナーでは、女性がなりやすい生理に関するお悩み、冷え性・肩こり・便秘などのお悩み、肌荒れなどの肌のトラブルのお悩み、妊娠前・妊娠中のお悩みなど、ご相談の多いものから順次お話したいと思います。

鍼灸治療で生理の痛みから開放を

みなさまは、このようなことはないですか?
月末月初で仕事が立て込んでいるとき、資格試験や学校の試験、大事な用事があるときなど、とても休めないときに限って、生理と重なりつらい思いをする。
このような思いをされている方は多いのではないでしょうか。

なかには生理痛がきつく、動けなかったり、寝込んだり、薬も効かない方もいらっしゃいます。
お腹だけでなく、腰や背中まで痛くなったり、痛みのあまり気持ち悪くなるなど・・・・・・
みなさまが経験された生理時のつらい思いを文章にあらわすと、おそらく何ページにもなってしまうのではないかと思います。

このような痛みが毎月あれば、生理などなければいいのにと思ってしまいます。
女性の妊娠出産のために生理が大切なこととわかっていても、それと生理痛のつらさを我慢するのはまた別の話ですよね。

鍼灸治療で生理の痛みから開放をの続きを読む

逆子について

はじめて出産されるお母さんも、お二人目、三人目あるいは、それ以上のご出産経験のあるベテランお母さんも、みなさまそれぞれに、妊娠・出産に対するお悩みや心配事がおありのことと思います。

妊娠してから出産まで十月十日(とつきとおか)と言われているように、妊娠期間は約10ヶ月です。
これだけ長い期間ですから、いろいろなことがあります。誰でもスムーズなお産をしたいと思われるのは当然のことでしょう。
妊娠期間中におこる症状には、つわり・妊娠中毒症その他様々あり、逆子もそのひとつです。

逆子になっていても自然に治ることもありますが、そのままの状態で逆子が治らなければ、帝王切開か骨盤位経膣分娩かを選ばなければなりません。

帝王切開はお母さんにとり、肉体的にも精神的にも負担が大きく、骨盤位経膣分娩は、出産中も出産後も赤ちゃんへのリスクが大きくなります。
そのため、誰しも自然分娩を望まれるでしょう。ですから、病院などでは、逆子体操などの指導がよく行われています。

しかし、逆子体操をしても治らない場合もあります。

逆子についての続きを読む

生理痛について

生理痛って本当につらいですよね

女性の人生の半分に生理があります。
初潮を迎えてから閉経まで、個人差はありますが、およそ35年~40年間。

生理痛があまりない方にはわずらわしいと感じる程度でしょうが、痛みのきつい方にとっては毎月憂鬱なことです。痛みで動くこともままならず、仕事や日常生活にも支障をきたします。そしてなによりつらいことです。

最近は、鎮痛薬も効かないひどい痛みで病院に行ってみたら、子宮内膜症だったという方も増えています。

では、なぜそのようなつらい症状が起こるのでしょうか。
東洋医学では生理痛の原因についておもに以下のようなことをあげています。

生理痛についての続きを読む