女性のからだと心の悩みにおこたえします

東洋医学では、心とからだはひとつのものと考えています。
女性の心とからだは繊細です。女性特有のからだのトラブルは、心とからだが影響しあい、バランスを崩した状態です。

女性のからだと心のお悩みを解消していただければと、女性のための鍼灸治療院『はりきゅう専門逍遥堂(しょうようどう)』を開業いたしました。

当院は、東京・葛飾区青砥の閑静な住宅街にあり、隠れ家的治療院として親しまれております。
女性鍼灸師が、みなさまのお悩みをゆっくりうかがい、ていねいに施術しています。

からだにやさしい少数鍼による治療で、からだ全体のバランスを整えていきます。
そのため、いま一番つらい症状だけでなく、その他の気になる症状も緩和されていきます。

婦人科疾患(生理のお悩み・不妊症・逆子など)全般を得意とするだけでなく、さまざまな一般症状にも対応しています。

小さなお子様には、小児鍼灸治療もおこなっています。
逆子の治療や乳幼児・小児の治療では、刺さない鍼(打鍼、古代鍼などの接触鍼)を使うため安心です。

お悩みの症状の治療だけでなく、リラクゼーションとしてもお気軽におこしください。

東洋医学・鍼灸による治療で、女性のみなさまが、生き生きと輝けるように、おてつだいをさせていただきます。

お知らせ

11月の臨時休診日について(2016年11月)

11月の臨時休診日は、以下のとおりです。

12日(土)、29日(火)は、臨時休診。

3日(木)、23日(水)の祝日は、午前中診療のみ受付。

以上のとおりですので、よろしくお願い申し上げます。

鍼灸治療体験談

リウマチ(関節痛)

Kさま 48歳

二十代の終り、朝起きると肩から肘にかけて激痛が走り、そのうち手首、指、膝へと痛みは広がりました。病院めぐりの末、「関節リウマチ」と診断され、薬を処方されました。
思えばその頃、公私共に緊張することが多く、心身共に疲れ果てていました。
その後、大学病院や専門医へ通いましたが、病院へ行くと自分より進行した人ばかり目について将来が不安になり落ち込みました。
体調は良い時もあれば、悪くなる時もあり、薬を飲み続けるのは不安でしたが、痛みが出るのが心配でやめられず、完治することはあきらめていました。

少しでも痛みが和らげばと思い、知人の紹介で吉沢先生を訪ねました。

リウマチ(関節痛)の続きを読む